はじめての方へ

派遣がはじめての方、上越人材派遣センターがはじめての方、派遣の仕組みや、派遣の働き方、派遣のメリットなど。 はじめての「派遣」で働く前に、「派遣」についてしっかりご説明いたします。

派遣とは

正社員やアルバイトなどは勤務している会社が雇用主となりますが、 派遣の場合雇用主は上越人材派遣センター(派遣元)となります。

派遣会社(派遣元)とスタッフが雇用契約を結んで、派遣先企業にて実際のおしごとの指示を受けて働くという仕組み です。
また給与の支払い、福利厚生などの責任は、雇用主である派遣会社(派遣元)にあります。
お仕事のご紹介には、
上越人材派遣センターへの「派遣登録(無料)」が必要です。

派遣登録予約する

派遣先企業 上越人材派遣センター 派遣スタッフ
 

働き方の選択・種類

派遣の働き方には「一般派遣」「紹介予定派遣」があります。ライフスタイルや目的に合わせて選択が可能です。

一般派遣
ライフスタイルに合わせてはたらきたい方にオススメ

一般派遣は、正社員のように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社(派遣元)の間で雇用契約が結ばれる雇用形態です。
派遣スタッフと派遣会社(派遣元)との雇用関係は、就業先(派遣先)が決まった時点ではじめて発生し、派遣契約の結ばれている期間のみ雇用が成立します。
派遣会社は仕事内容・就業条件の明示、給与の支払い、福利厚生、研修などの面で派遣スタッフをサポートします。
派遣先企業は、派遣スタッフに業務の指示を行います。

紹介派遣
正社員雇用を目指している方にオススメ

社員採用を前提として、一定期間派遣スタッフを受け入れ(最長6ヶ月)、企業と人材の双方が合意した場合、正社員や契約社員などの直接雇用に移行するシステムです。
実際に働いて仕事の内容や職場環境を体験することで、転職活動におけるミスマッチやリスクを軽減することができる働き方です。

※一般派遣から紹介予定への切り替えも可能です。

派遣で働くメリット

1. 希望やライフスタイルに合わせて働ける
派遣社員のメリットとして最も大きいのが、期間限定で働けるということです。
基本的に正社員や契約社員での雇用は中長期を目途にした雇用形態です。そのため、働いてみたはいいものの仕事や環境が合 わず、転職したいと思ってもすぐに退職することは難しいです。
その点派遣の場合は比較的短い期間(2~3ヶ月が一般的)で契約を更新するか、しないかを選択することができるので、契 約満了すればトラブルもありません。

加えて時間や曜日を限定して働きたい場合も同様のことが言え、職さえ選ばなければ、1日4時間などの扶養内や土日だけのW ワークなど、自分の希望やライフスタイルに合わせて働けます。

2. つなぎになる
正社員をいきなり解雇された、といったケースに力を発揮するのも派遣の特徴です。
つまり何らかの事情で仕事を辞めることになったが、次が決まっていないなど、再就職の空白期間を埋めてくれるということ。

失業保険がもらえなかったり、給付期間を過ぎても再就職先が見つかってない場合など、とりあえず派遣として働くという道が残されているとうわけです。

要するにパッと働き始めてサッと辞めるという働き方がそれを可能にしています。

また自営業を営んでいる方や夢を追いかけている人、留学を予定している人なんかも利用しやすいのが派遣の特徴である。

正職の収入が足りないからWワークでもう少し稼ぎたい、季節に左右される仕事をしていて、何ヶ月だけ働ける仕事を探しているなど、正社員などに比べると責任が少ないため派遣を利用しやすいでしょう。

3. すぐ働ける・職種が多い
派遣先企業が急募で非正規雇用かつ即戦力を求めているので、正社員に比べると採用の敷居が低い。
採用までの手順も少なく、求職者と派遣先、タイミングが合えば最短3日でお仕事を開始することも可能です。
すぐ働いて収入を得たいという人には理想的奈メリットとなるでしょう。

さらに、派遣といえば誰にでも出来る仕事というイメージを抱いている人も多いと感じますが、有資格や技術職など専門的なスキルを活かして働くことも出来ます。

・物流 ・製造・飲食・イベント・清掃・事務・広告デザイン・ソフトウェア開発・ファイリング・アナウンサー・秘書・翻訳、通訳、速記・農業 など。

これだけ見ても、派遣とは幅広い業種を網羅したマルチな雇用形態だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。 私たちは1人1人の経験やスキル、希望をヒアリングしベストマッチにつなげます。

派遣で働くデメリット

1. 不安定
正社員のように会社に対してある程度の責任を負う必要がない代わりに、労働者としての立場の弱さが上げられます。
派遣は人件費削減のための候補として真っ先に矢面に立たされるリスクと向き合っていかなければならないため、もしもの時に備えておくために出来ることは何か、必用なスキルを身につけてはどうか、など考え準備しておく必要がありそうです。

2. 3年以上の就労が出来ない
法律上、派遣として同じ会社、同じ部署に3年以上勤めることは原則できません。
3年経つと立場を変える必要があり、その選択肢は2つ。

1つはそのまま派遣先企業に直接雇用となる道と、もう一つはその派遣先を去るという道です。当社はスタッフさんと日ごろから定期的な面談を行い、なるべく意思を尊重できるようサポートしております。直接雇用を希望している方には、一般派遣から紹介予定派遣への切り替えを促進しできるだけスムーズに企業への直接雇用となるよう企業への働きかけなども行います。

3. ボーナスが出ない
ボーナスが出ない、場合が多いです。
貰えるところはもらえますが、基本的には貰えない場合が多いです。
しかし派遣は一般的なアルバイトに比べると時給が高めに設定されていることが多いです。

以上が派遣のメリット・デメリットになります。
派遣会社が派遣のデメリットを書くとはヤル気が無いのかよ、と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、私たちは求職者の方と同じ目線に立って、出来るだけ条件に沿うように、出来るだけ親身にお仕事のお悩みを解決したいと思っています。
そのためにはデメリットも含め、納得してお仕事が出来るようしっかりとサポートさせて頂きます。

福利厚生

安心してご就業いただけるように、当社からご就業の方で、加入要件を満たした場合、社会保険制度をはじめ、 健康診断や有給休暇制度をご用意しています

加入要件

健康保険・厚生年金保険
1週間の所定労働時間が30時間以上および1ヶ月の所定労働日数が15日以上(雇用元の一般社員の4分の3以上)で2ヶ月を超える契約 期間がある場合、加入いただきます。
また、1週間の所定労働時間が30時間未満または1ヶ月の所定労働日数が15日未満(雇用元の一般社員の4分の3未満)の場合であって も、以下のすべてに該当する場合、加入いただきます。(短時間労働者区分として加入)
a. 1週間の所定労働時間が20時間以上
b. 賃金の月額が88,000円以上
c. 1年以上の雇用が見込まれる
d. 厚生年金保険の被保険者数が501人以上の企業(所属会社毎に判断)で就業する

※学生は除外となります。

雇用保険
1週間の所定労働時間が20時間以上で31日以上の雇用が見込まれる場合、加入いただきます。
※学生は除外となります。

労災保険
当社からの就業が決まり、契約のある方は、全ての方が加入対象となります。

定期健康診断
年一回、就業中の方で一定の基準を満たした方に無料で健康診断を実施しています。
※就業中の受診に要した時間は、実働時間から除かれます。
※健康診断にかかる交通費はご自身での負担となります。

年次有給休暇制度
年次有給休暇は、お仕事を開始した日から6ヶ月間継続して勤務した時点で、その間の勤務日数に応じて所定の日数が付与されます。
またその後は継続勤務1年ごとに、その1年間の勤務日数に応じて所定の日数が付与されます。
ただし、雇用契約が結ばれていない(お仕事されていない)期間が1ヶ月に達した場合は継続勤務とはなりませんので、その後お仕事に復職した時点から勤務日数、勤続年数ともに改めて計算しなおします。

利用できる日
有給休暇は、派遣期間中の契約で定められた労働日にご利用いただけます。
夏期及び年末年始などの休日、指定休日、ローテーション勤務制の場合で労働日になっていない日など、あらかじめ休日になっている日にはご利用いただけません。

キャリアアップ支援研修
派遣法改正で派遣元から就業スタッフの皆様への研修実施が義務付けられました。
当社で1年以上の長期就業を見込みの方、および長期継続就業中の方へ1年間で合計概ね8時間の研修を実施いたします。
経験・スキル・就業年数に合わせた段階的な研修を無料でご案内いたします。研修については勤務時間外で受講し、研修受講分の給与に関しては現在就業中の時間給の25%割増にてお支払いします。

研修実施については時期をみてこちらからご案内いたします。